チョコレートのような甘い香りが特徴のチョコレートコスモス

チョコレートコスモス

チョコレートに似た甘い香り

花のシルエットは普通のコスモスに似ていますが、黒紫色のシックな色を持ち、チョコレートのような甘い香りが特徴の花になります。原産地はメキシコですが、原種と言われる種類は現在では絶滅してしまったと言われており、現在園芸などで使われているのは、交配などで育てやすくしたものです。背の高さは40~50cm、花は8月から10月にかけて咲きますが、暑さにも寒さにも弱く、育てやすい花というわけではありません。通年草ではありますが、気候によっては越冬できない場合もあるので初心者の場合はできたら成功、くらいの気持ちでいる方がよさそうです。最近はキバナコスモスと交配させたストロベリーチョコレートという品種も作られるようになりました。

独特の色合いが素敵

他の花にはない、シックな雰囲気が人気のチョコレートコスモスですが、何年も咲かせ続けるには気候の合ったところでないと難しくなります。夏の暑さも得意ではありませんし、霜にあたると枯れてしまいます。また、日当たりを好むものの、夏の暑さには弱いので、鉢植えのほうが管理はしやすいかもしれません。もちろん地植えでも育ちますし、気候によっては問題なく越冬も出きますが、地域はある程度選ぶ花です。気候があえばそれほど手がかかる花ではなく、水やりも普通の花と同じ程度ですし、生育が控えめになる冬は、水やりも少なめで大丈夫です。日当たりを好むものの、短日植物なので明るすぎるところに置いていると花が咲きにくくなります。太陽の光だけでなく、電灯でもダメなので、夜でも電気のついているような室内には向きません。日が落ちると暗くなる屋外に置いてやり、冬寒くなる地域は気温に合わせて屋内に避難させてやりましょう。

チョコレートコスモスの花言葉は

チョコレートコスモスの花言葉は、恋の思い出、恋の終わりです。ちょっとほろ苦いチョコレートに切ない恋をなぞらえた素敵な花言葉になります。

関連記事

  1. ギボウシの花 擬宝珠

    ギボウシ(擬宝珠)

  2. アスチルベの花

    アスチルベ

  3. クロユリの花 黒百合

    クロユリ(黒百合)

  4. ネムノキの花 合歓木

    ネムノキ(合歓木)

  5. ヒャクニチソウの花 百日草

    ヒャクニチソウ(百日草)

  6. アネモネ

    アネモネの美しい姿に秘められた悲しい伝説

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。