恋占いに使われることが多いマーガレットの花言葉

マーガレットの花

ギリシャ語のマルガリーテに由来

マーガレットは年中いろいろな所で見かけることができる花で、極端な寒さや暑さにはとても弱い多年草として知られています。種類によって草丈などは異なり、60センチ程度の小ぶりのものから1メートルを超える背丈のものまで多種多様です。もともとの野生種は白か黄色の一重咲きですが、現在では赤やピンク、オレンジなどたくさんの色を楽しむことができます。

マーガレットの花名はもともとギリシャ語で真珠という意味を持つマルガリーテという言葉に由来しています。ギリシャ神話の中においては、守護の神だったアルテミスへ贈られるための花として人気がありました。

結婚式や結婚記念日に

また、「誠実」「心に秘めた愛」などの花言葉は、相手に対するまっすぐな一筋愛を意味しているため、結婚式ではマーガレットがブーケに用いられることも多いですね。バラのような華やかさはなくても、存在感があり見た目にも愛らしさを持つこの花は、大好きな人への純粋でまっすぐな気持ちを花言葉に持っている「恋の花」と言えるでしょう。恋愛関係にある男女はもちろんですが、結婚している夫婦間でも花言葉として使うことはできるので、結婚記念日にマーガレットの花束を贈るというのもステキですね。

花言葉は「恋占い」「誠実」「心に秘めた愛」など

マーガレットの花言葉は、「恋占い」「誠実」「心に秘めた愛」などひっそりと相手を思う気持ちと言われています。恋占いにもよく使われる花で、一つ一つの花びらを取りながら「好き」「嫌い」「好き」と順番に相手の気持ちを占ったりしますね。花びらの数は15枚~20枚と花の種類によって多少異なるものの、一般的には奇数が多いようです。そのため、恋占いで「好き」から始めれば高い確率で最後の1枚も「好き」になると言われています。

関連記事

  1. ラークスパーの花

    春の日に自由気ままに咲くラークスパー

  2. ツワブキの花 石蕗

    ツワブキ(石蕗)

  3. ナデシコの花 撫子

    古くから「秋の七草」として知られるナデシコ

  4. ルドベキアの花

    ルドベキア

  5. ミントの花

    薬草として有名なミント

  6. アサガオの花 朝顔

    アサガオ(朝顔)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。