デージーの日本語名は?

デージー ヒナギク

日本ではヒナギク

デージーは、ヨーロッパを原産地としており、日本ではヒナギクと呼ばれる花で、どちらの呼び名でも親しまれています。原産地のヨーロッパではごく一般的な野草で、芝生の雑草扱いをされているほどです。本来毎年花を咲かせる多年草ですが、日本では暑さのために夏を越せないことが多く、一年草として扱われていま「。北海道などの涼しい地方では、夏を越して毎年花を咲かせている場合もあります。名前の由来は、太陽の目という意味のDay’s eyeという言葉からきていると言われており、日本名ではヒナギクと呼ばれるほか、延命菊や長命菊と呼ばれることもあります。品種によって花の形状も違い、野生種は白い一重咲きの花ですが、ガーデニングなどでは八重咲きの物を使うことが多く、色もピンクや赤、オレンジなど華やかです。ちなみに、~デージーと呼ばれる植物は多いのですがそれらはすべて別の植物になりますし、デージーと同じキク科ベリス属でもありません。

開花は春

デージーは秋に種を撒いて、春に花が咲きます。ただし、デージーの種は小さく、そこから育てるのは大変なので、苗を購入して冬に植えるのが一般的です。寒冷地であれば、多年草として毎年花を咲かせる場合もありますが、日本では夏には枯れるのが一般的なので、一年草として毎年植えるのがよいでしょう。日当たりに良い場所を好むので、しっかり日に当ててやり、霜除けをしておくと冬でも安心です。比較的育てやすい花で初心者でも楽しむことが出来ます。また、地植えだけでなく、プランターなどに寄せ植えにしても華やかで素敵です。花が咲いている間は枯れた花を茎ごと取っていくようにすると次々に花が咲いて、長く楽しむことができます。

デージーの花言葉は

デージーの花言葉は、無垢・無邪気です。光が当たると花を開くデージーの希望に満ちた様子と、白と黄色の爽やかな色が無垢な雰囲気を感じさせます。

関連記事

  1. シラー

    シラー

  2. シュンラン 春蘭

    シュンラン(春蘭)

  3. じんちょうげ 沈丁花

    ジンチョウゲ(沈丁花)

  4. マンサクの花 満作 金縷梅

    マンサク(満作、金縷梅)

  5. チューリップ 白

    チューリップ〔白〕

  6. スイートピー

    スイートピー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。