世界中で「私を忘れないで」と花名がつけられているワスレナグサ(勿忘草)

ワスレナグサの花 勿忘草

ロマンチックな悲恋によって生まれたワスレナグサ

ヨーロッパを原産地とするワスレナグサには「私を忘れないで」という花言葉がありますが、花名にも「私を忘れないで」という意味の言葉がつけられているという特徴があります。例えば英語名ではForget-me-not、ドイツ名ではvergissmeinnicht、和名でも勿忘草と言うネーミングとなっています。この植物は紫色をした可愛らしい小ぶりの花をつける植物で、なぜこの花名が付いたかというと、恋人の悲しいストーリーがあると言われています。

悲しいストーリー

その昔、中世の時代に若いカップルがドナウ川のほとりでワスレナグサを見つけました。騎士ルドルフは恋人ベルタのために花を摘もうと岸に降りたところ、川の流れに飲まれて亡くなってしまうわけですが、最後の力を振り絞って岸の恋人にこの花を投げ、「私のことを忘れないで」という言葉を残したのだそうです。ベルタはその後、毎日この花を身に着けたことで、ワスレナグサと呼ばれるようになったと言われています。

品種は意外と多い

ワスレナグサはムラサキ科ワスレナグサ属に分類される植物で、日本国内においてはノハラ、エゾムラサキ、シンなどいくつかの種類があります。ノハラタイプは高山や草原に原生しているタイプで青色の花をつけるのが特徴で、エゾムラサキタイプは森の中に咲いていて、花の色はラベンダー色です。このうち、薄紫色をしたエゾムラサキタイプは日本にもともと存在する唯一の在来種となっています。その他にはシンタイプがあり、この品種は花弁がまるでサソリの尾のような形をしているのが特徴で、ヨーロッパではこのタイプが基本品種となっています。咲く場所は違っていても、花名も花言葉も「私を忘れないで」で統一されていることは、とても興味深いワスレナグサならではの特徴と言えるでしょう。

関連記事

  1. アルストロメリア

    凛とした佇まいと可憐さを併せ持つアルストロメリア

  2. ツルニチニチソウ 蔓日々草

    ガーデニングでおなじみのツルニチニチソウ(蔓日々草)

  3. ドウダンツツジ 灯台躑躅 満天星躑躅

    ドウダンツツジを灯台躑躅、満天星躑躅と書く理由

  4. ヘリオトロープ ニオイムラサキ オフィシナリス

    ヘリオトロープ

  5. レンギョウの花 連翹

    春の訪れを伝えてくれるレンギョウ(連翹)

  6. ゲッケイジュ 月桂樹 花

    ゲッケイジュ(月桂樹)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。