一人物思いにふけるパンジー

パンジー 紫

パンジーの特徴、原産、花名の由来は?

パンジーはスミレ科、スミレ属の一年草または二年草の花で、原産はヨーロッパです。花びらに紫色の模様があるのが特徴で、日本には江戸時代に入ってきました。当時の日本人はこのパンジーの花の姿が、人の顔に似ていることから「人面草」などと呼んでいたようです。花期は10月~5月であり、赤や黄色、紫色のカラフルな花を咲かせます。パンジーという名前は人間の顔に似た花が、考え事をしているという姿から、フランス語でパンセ【物思い】というのが、変化したものであると言われています。なるほど確かに独特な姿ですよね。

パンジーの花言葉とその由来

パンジーの花言葉は色によって様々です。例えば、黄色のパンジーは「つつましい幸せ」「田舎の喜び」紫色のパンジーは「思慮深い」白色のパンジーは「温順」となります。またパンジーには全体の花言葉も存在します。それが「もの思い」「私を思って」です。この花言葉があてられた由来は、パンジーの花が咲いている姿が、人間がもの思いにふけり考えこんでいる姿に似ているからです。

パンジーの花言葉の活用法

パンジーは様々な花言葉を持っていることがわかったところで、次は花言葉の活用の仕方を二つ紹介します。まずは紫のパンジーの花言葉「思慮深さ」というのを活用して、お部屋に置いておくことで、いつもあなたを見守ってくれてアドバイスをくれる素敵な女性に会うことができるかもしれません。またパンジー全体の花言葉「私を思って」というのを活用して、片思いの相手に愛を伝えるのも良いと思います。ぜひ活用してみてください。

パンジーはもともと香りがあった?

最後にパンジーに関する小話を書いておきます。どうもドイツの言い伝えでは、パンジーにもスミレと同じような香りがあったというのです。しかしながら、人々があまりにも乱獲し過ぎた結果、仲間が次々と消えていくパンジーは必死に「私の香りを消してください」と神様に祈ったところ、神様がその願いを叶え、パンジーが香りの無い花になったそうです。

関連記事

  1. アネモネ

    アネモネの美しい姿に秘められた悲しい伝説

  2. チューリップ 赤

    チューリップ〔赤〕

  3. ペラルゴニューム 花

    ペラルゴニューム

  4. シュンラン 春蘭

    シュンラン(春蘭)

  5. ナノハナ 菜の花

    ナノハナ(菜の花)を食べたことは有りますか?

  6. ヒトリシズカ 一人静 花

    ヒトリシズカ(一人静)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。