カスミソウは花束の引き立て役

カスミソウ

地味なイメージを持たれがちなカスミソウ

 「カスミソウ」と聞くと、「永遠の脇役」「地味な花」というイメージを持つ方が多いと思いますが、実はカスミソウは花束の花たちを引き立てる、いわば「ムードメーカー」のような役割を持っており、カスミソウがあると無いとでは、花束の印象が全然違います。
 今日はそんな「脇役でありながら主役の役目もするカスミソウ」について書いていきたいと思います。

カスミソウとはどんな花なのか?

 カスミソウはナデシコ科カスミソウ属の植物で、別名小米撫子【コゴメナデシコ】や群撫子【ムレナデシコ】とも呼ばれます。原産は中央アジアからヨーロッパのです。
 カスミソウの花期は5月~8月であり、昼の長さが夜の長さより長くなった時に開花する長日植物です。細かく分かれた枝に白やピンクの小さな花を咲かせるのが特徴で、それがまるで春霞のように見えることから「カスミソウ」という名前がついたそうです。
 なおカスミソウの英名はbaby breath=赤ちゃんの吐息という名前がついており、これはカスミソウの優しく可憐なイメージから付けられたものです。

カスミソウの花言葉は結婚式のピッタリ

 カスミソウの全体の花言葉には「無邪気」「清らかな心」「親切」「幸福」「夢見心地」というものがあります。
 「無邪気」や「清らかな心」「夢見心地」という花言葉は、カスミソウが咲かせる純白で小さい花が、奥ゆかしく可憐であることに由来していると言われます。
 また「親切」や「幸福」という花言葉は、カスミソウが他の花と合わせて花束にした時に、自ら自己主張せず、他の花を引き立たせる性質を持っていることに由来しています。
 このような花言葉を持つカスミソウは、花束だけでなく、結婚式のブーケや、花の王冠など様々な場面で使われています。

カスミソウの臭いに注意

 カスミソウはその可憐な姿から、きっといい匂いがするに違いないと思われがちですが、実は「トイレの臭い」「汗臭い」と例えられるような、嫌な臭いがする花です。最近でば臭いの無い品種や、臭い消しトリートメントなども発売されていますので、誰かに贈る際には注意して贈るようにしましょう。 

関連記事

  1. タイム 花

    タイム

  2. プリムラ 花

    プリムラ

  3. ワスレナグサの花 勿忘草

    世界中で「私を忘れないで」と花名がつけられているワスレナグサ(勿忘草)

  4. レンギョウの花 連翹

    レンギョウ(連翹)

  5. ツルニチニチソウ 蔓日々草

    ツルニチニチソウ(蔓日々草)

  6. アネモネ

    アネモネ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。